• 2019.06.25 Tue. 広報

    北海道新聞「さっぽろ10区(トーク)」掲載 6月25日付

    2019年6月25日付 北海道新聞「さっぽろ10区(トーク)」(札幌市内折込)で、クラフトビールの特集です。

    「フォレスト」イベント自体、およびSCBF実行委員会の「ノースアイランド」「Maltheads」についても取り上げていただきました。ぜひご覧ください。

    (画像は記事の一部を切り取っています)

    Facebook https://www.facebook.com/sapporo10talk/

    Twitter https://twitter.com/sapporo_talk

  • 2019.06.21 Fri. 広報

    FM AIR-G’ 『北川久仁子のbrilliant days×F』出演(6月21日(金)14時10分頃~)

    FM AIR-G’ 『北川久仁子のbrilliant days×F』に、SCBF実行委員の坂巻(Maltheads)が出演。フォレストについての紹介をします。

    ▼北川久仁子のbrilliant days×F(金)
     放送時間:7:30〜17:30  (出演は14:10頃からの数分間です)

    HP:https://www.air-g.co.jp/bdf/
    instagram:https://www.instagram.com/airg_bdf/

    北川久仁子のbrilliant days×F
  • 2019.06.16 Sun. お知らせ 広報

    SCBF2019ボランティア募集のお知らせ

    SCBF2019ボランティア募集

    今年もフォレストサポーターとしてSCBFを支えていただくボランティアスタッフを広く募集いたします。

    7/5(金)、6(土)、7(日)の三日間のうち、ボランティア参加が可能な方がおられましたら、ご協力をお願い致します。
    共にSCBF2019を盛り上げましょう!

    【募集日】

    • 7/5(金) 16:00ごろ〜設営終了まで
    • 7/6(土) 8:50集合〜19:00頃
    • 7/7(日) 8:50集合〜19:00頃

    ※ ボランティア参加は1日だけでもOK
    ※ 休憩時間を利用してイベントを楽しんでいただけます
    ※ 7/7(日)の解散時刻については、打ち上げ不参加の方は19時頃、打ち上げ参加者は21時頃を予定

    ※ スタッフバス以外の交通手段で会場入りさせれる方、または集合時間に来られない方は、自費で会場までお越しください。交通費の支給はございません。
    ※ お車、オートバイおよび自転車での参加はできません。
    ※ お帰りの際は、円山公園駅行きのスタッフ専用バスまたはタクシーを手配します(無料)

    【集合】

    ・両日とも朝8:50
    (地下鉄東西線 円山公園駅 バス乗り場[3番]に集合)
    ・9:00発のスタッフバス(無料)でban.Kへ

    【ボランティア内容】

    • 7/5(金)
      • 会場設営準備、受付準備
    • 7/6(土) – 7/7(日)
      • 来場者の整理・誘導、ブルワリー補助、
      • 樽運び、会場内清掃、会場案内、
      • チケット・グッズ販売、など。

    ※ 仕事の割り振りは実行委員側でいたしますのでご了承ください。

    【 ボランティアスタッフ特典 】

    • SCBF公式イベントTシャツ 
    • SCBF2019オリジナルグラス
    • まかない食(1食/日)
    • ビールチケット3杯/日
    • SCBF打上げ参加権  (実費負担・後述)

    【 参加資格 】

    • 「フォレスト」を盛り上げ、サポートしてくださる意欲のある方
    • ビールが好きな方
    • その日1日フルで働ける方
    • スタッフの指示に従っていただける方
    • 原則として20歳以上
    • 飲食店、サービス業経験の有無は問いません

    【 打ち上げについて 】

    • 7/7(日)のイベント終了後に行います。
    • 土曜の打ち上げはありませんが、”土曜のみ参加”のボランティアさんも参加OKです。
    • 参加費は3000-3500円程度を考えています。

    ※ 実費での参加となりますが(ごめんなさい)、フォレストに参加してくださるブルワーさんや他のスタッフと一緒に飲める貴重な機会です。

    【その他】

    • 各日ごとに募集定員に達した時点で募集を締め切ります。ご了承ください。なお例年、日曜日よりも土曜日の方が応募者不足しております。
    • 動きやすい(汚れてもよい)服装および靴でお願いします。パートによっては軍手があると便利です。
    • 屋外でのイベントですので、暑さ寒さ対策品をご持参下さい(Tシャツの下に着られる長袖、帽子、タオル、日焼け止め、こまめな水分補給、必要に応じて虫除けスプレーなど)。
    • どの部署でも体力を使いますので、ご体調のほどお気を付けください。もちろん休憩時間は確保いたします。
    • ビールチケットはすべて使い切るよう休憩時間を利用してイベントを楽しんで下さい! しかし、泥酔厳禁です。作業に差し支えない程度でお願いします。
    • 事前にボランティア概要、作業マニュアルを配布いたします。

    【 応募方法 】

    以下の情報を添えて、窓口担当 松井までご応募下さい。応募専用のメールアドレスはこちらです。

    scbf.volunteer◎gmail.com (◎を@に変えてください)

    ・氏名(よみがな)
    ・性別
    ・年代(「30代」など大体でOK)
    ・携帯番号
    ・メールアドレス
    (pdfなどが開けるもの、gmailからのメールが受け取れるものが好ましい)
    ・参加日(金、土、日、土日両日)
    ・SCBFボランティア経験の有無
    ・Tシャツ希望サイズ(S,M,L,XL)
    ・打ち上げへの参加希望

    SCBF実行委員会

    [公式ページ] http://www.sapporo-craft-beer-forest.com/
    [Facebook] https://www.facebook.com/sapporo.craft.beer.forest/
    [Twitter] @SCBF2013
    [Instagram] https://www.instagram.com/sapporocraftbeerforest/

  • 《サッポロ・クラフトビア・フォレスト2019 参加ブルワリー決定!》

    サッポロ・クラフトビア・フォレスト2019参加ブルワリーの公開を始めました。

    2019年は、道外18社、道内6社+実行委員2社です。

    http://www.sapporo-craft-beer-forest.com/#brewery

    上記メニュー「参加ブルワリー」からもご覧いただけます。

    北海道内

    • 忽布古丹醸造 (上富良野)
    • プレミアムビール鬼伝説 (登別)
    • ニセコビール (ニセコ)
    • Hokkaido Brewing (小樽)
    • えぞ麦酒 (札幌) ※インポーター
    • ビアセラーサッポロ (札幌) ※インポーター

    北海道外

    <中国・関西>

    • 大山Gビール (鳥取)
    • 箕面ビール (大阪)
    • 京都醸造 (京都)

    <中部>

    • 伊勢角屋麦酒 (三重)
    • Y.マーケットブルーイング (愛知)

    <北陸甲信越>

    • 城端麦酒 (富山)
    • 志賀高原ビール (長野)
    • 南信州ビール (長野)
    • ヤッホーブルーイング (長野)
    • スワンレイクビール (新潟)
    • 富士桜高原 (山梨)

    <関東>

    • 秩父麦酒 (埼玉)
    • 湘南ビール (神奈川)
    • T.Y.ハーバーブルワリー (東京)
    • ハーヴェスト・ムーン (千葉)
    • うしとらビール (栃木)

    <東北>

    • あくらビール (秋田)
    • いわて蔵ビール (岩手)

    実行委員会

    • ノースアイランドビール (札幌)
    • 月と太陽ブルーイング (札幌)

    (順不同・敬称略 都合により変更となる場合がございます)

    ※ビールの種類は、各社同時に3タップずつです。ビールリストは会場でお配りいたしますが、どのビールがどのタイミングで繋がるかは各社にお任せとなります。

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    忽布古丹醸造<北海道>

    忽布古丹醸造

    ◆忽布古丹醸造<北海道>

    2018年創業。クラフトビアフォレスト実行委員を経て、満を持してのブルワリー初参加です。

    日本を代表するホップの名産地、上富良野町のブルワリー。「この土地にブルワリーがないから」というとてもシンプルな理由が創業動機。しかし、ホップのビールだけに偏らない多種多様なビールを追及しています。

    http://hopkotan.com/

    出展ブース番号:14

    参加ブルワー:堤野 貴之

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    秩父麦酒<埼玉県>

    秩父麦酒

    ◆秩父麦酒<埼玉県>

    埼玉県秩父市は、ウイスキー、日本酒、焼酎、ワインなど、数多くの酒造メーカーが存在する全国屈指の酒どころ。そこに秩父では初となるビールの醸造所として、2017年10月、秩父麦酒が加わりました。
    北海道出身の醸造長のブルワリーが、フォレスト初登場!

    https://www.facebook.com/BEARMEETBEER/

    出展ブース番号:10

    参加ブルワー:丹広大

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    hokkaido brewing<小樽市>

    ◆hokkaido brewing<小樽市>

    北海道有数の観光地である小樽の街と、日本海を一望できるロケーションで、2002年に創業しました。「小樽発、ここでしかできないものを。」をスローガンに、地元北海道の素材を自在に使った製品を造り上げています。いままで変わらない想いはただ一つ「まじめに、ていねいに。」

    http://hokkaidobeer.com/

    出展ブース番号:20

    参加ブルワー:大杉 康晴

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    うしとらブルワリー<栃木県>

    03ushitora.JPG

    ◆うしとらブルワリー<栃木県>

    東京・下北沢の老舗ビアバー「うしとら」が栃木・下野市に立ち上げた醸造所です。自由と快楽の追求をテーマに、日々真剣にふざけながら麦酒を醸しています。定番商品を置かず、毎回違う麦酒を造っていることが特徴です。アメリカンスタイルを中心としながらも、小規模である利点を活かしバラエティと面白みのあるビールを造りに取り組んでいます。

    http://ushitora.jp/

    出展ブース番号:21

    参加ブルワー: 吉田 伸右、寺崎 晶王

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    富士桜高原麦酒<山梨県>

    05fujizakura2 (1).png

    ◆富士桜高原麦酒<山梨県>

    本場ドイツの「デーメンス醸造学校」で醸造を学んだ、日本人の造るドイツビールです。富士山から十数年の歳月をかけて湧出する天然水を使用し、醸造士の高い技術と感性、そしてビールへの熱い想いが、香り高い独自の味わいを生み出しています。世界トップレベルの「World Beer Cup」での金賞など、国内外で高い評価を獲得しています。

    http://www.fujizakura-beer.jp/

    出展ブース番号:19

    参加ブルワー:宮下 天通

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    城端麦酒<富山県>

    07johana.jpg

    ◆城端麦酒<富山県>

    北陸新幹線開業で一気に近くなった越中の小京都、南砺市城端(じょうはな)。世界遺産合掌集落に向かう山の麓にあります。城端麦酒はそんなのどかな田園風景の広がる中で枠にはまらないビール造りを目指し、大人気のフルーツビールからホップをしっかり使った苦ーいIPAまで造っています。
    http://www.jo-beer.com/

    出展ブース番号:7

    ヘッドブルワー:山本 勝