• 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    ニセコビール<ニセコ町>

    02niseko_logo.jpg

    ◆ニセコビール<ニセコ町>

    一大リゾート、ニセコに2014年秋に誕生した新進のブルワリーです。海外からのリゾート客を視野に入れる一方で、和食との相性も意識しています。ニセコの美味しい水を十二分に活かし、大胆な原料を使うことも恐れない、モダンなブルワリーです。

    http://www.nisekobeer.co.jp/

    出展ブース番号:8

     

    ヘッドブルワー:櫻井 繁

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    箕面ビール<大阪府>

    08minoh.png

    ◆ 箕面ビール<大阪府>

    箕面(みのお)は大阪府の北部にある、滝や紅葉を楽しめる他にお猿さんまでいる自然の宝庫。箕面ビールは最高品質の麦とホップを原料にし、1本1本に自分たちの出来るすべてを込めてお届けします。さらに「箕面ビールらしさ」を日々追求しながらビール造りに取り組んでいます。

    http://www.minoh-beer.jp/

    出展ブース番号:25

     

    参加ブルワー:大下 香緒里

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    Y.マーケットブルーイング<愛知県>

    07ymarket.png

    ◆ Y.マーケットブルーイング<愛知県>

    2014年1月、名古屋初の都市型マイクロブルワリーとして、名古屋の玄関口「名駅」で醸造を開始しました。個性的で挑戦的、そしてもちろん旨い!ビールを通して、名古屋の真ん中からビールの新たな“楽しさ”を発信します。

    https://craftbeer.nagoya/

    出展ブース番号:17

     

    ヘッドブルワー:加地 真人

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    南信州ビール<長野県>

    06minamishinshu.jpg

    ◆南信州ビール<長野県>

    長野県第1号地ビールメーカー。苦味に偏らないバランスのとれた優しい味わいと、華やかな香りのビールが特徴。安定した人気を誇るゴールデンエールの他、苦味とボディーとのバランスが絶妙なIPA、ビールが苦手な女性にも人気のアップルホップなど、オリジナリティーに飛んだビールが味わえます。

    http://ms-beer.co.jp/

    出展ブース番号:15

    ヘッドブルワー:伊藤 陽洸

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    月と太陽ブルーイング<札幌市>

     

    09moonsun.jpg

    ◆月と太陽ブルーイング<札幌市>

    2014年10月に創成川のほとりにオープンしたブルーパブ。「北海道をクラフトビール王国へ」がコンセプト。10タップからなるクラフトビール達と北海道の素材を生かした料理が特徴の愉快なブルーパブです。少量生産ならではの特徴を生かし、毎回様々な味わいをワクワクしながら手作りで醸し出します。乾杯!

    http://moonsunbrewing.com/

     

    出展ブース番号:16

    ヘッドブルワー:森谷 祐至

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    いわて蔵ビール<岩手県>

    03iwatekura_b.jpg

     

    ◆いわて蔵ビール<岩手県>

    岩手県南部、一関市にある世嬉の一酒造が造るビール。酒造りの技と、醸造士の経験と知識により生まれました。スタンダードに加え意欲的なスタイルを生み続けています。岩手の良さ・すばらしさをビールを通してお客様にお届けするというミッションのほかに、根底では、「世の人々が嬉しくなる一番の酒を目指す」という理念をもって醸造しています。

    http://sekinoichi.co.jp/beer/

    出展ブース番号:12

    ヘッドブルワー:佐藤 航

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    志賀高原ビール<長野県>

    06shigakogen (2).jpg

    ◆志賀高原ビール<長野県>

    創業文化二年(1805年)。志賀高原の麓で清酒「縁喜」を200年以上醸造する玉村本店がビール醸造を始めたのが2004年。ホップや酒米などを自家栽培。「農」に直接関わりながら、「この地ならではの自分たちが飲みたいビール」を目指しています。ウィスキー樽やワイン樽熟成のビールへの挑戦など「遊び心」も持ち味です。

    http://www.tamamura-honten.co.jp/

    出展ブース番号:13

    参加ブルワー:佐藤 栄吾

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    伊勢角屋麦酒<三重県>

    07isekado.jpg

     

     

    ◆伊勢角屋麦酒<三重県>

    創業天正3年(1575年)の老舗「角屋」がつくる、伊勢志摩地方唯一の地ビール伊勢角屋麦酒。創業以来、常に世界を意識して品質の向上に努めてきました。The International Beer Cup 2014では最多の12個のメダルを獲得し、WBC、WBA、BIIAなど多くの国際大会で受賞しています。

    http://www.biyagura.jp/

    出展ブース番号:19

     

    参加ブルワー:出口 善一

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    大沼ビール<七飯町>

    02oonumabig.jpg

     

     

    ◆大沼ビール<七飯町>

    北海道のリゾートの発祥地である大沼国定公園内にあるビール工房です。秀峰・横津山麓の豊かな自然がとけ込んだ、清純で爽やかな天然アルカリイオン水仕込み。生きたビール酵母が生み出すコクのある風味と、味わいのある地ビールをお届けしています。ドイツ系のエールに定評のあるブルワリーで、その技術を元に現代的なビールにも取り組んでいます。

    https://onumabeer.com/

    出展ブース番号:6

     

    参加ブルワー:蜂矢 寛

     

  • 2018.06.23 Sat. 参加ブルワー案内

    大山Gビール<鳥取県>

    08daisenG.png

     

     

    ◆大山Gビール<鳥取県>

    中国地方最高峰、鳥取県の国立公園大山(だいせん)は昔から名水地として有名。その自然の恵みを活かしたビールは定番の4種類に加え、大麦・ホップ・米を原料作りから挑戦した季節限定の3種類、他限定が年間約10種類。原料から作ることで「ビールで季節を表現したい」「ビールで大山の香りを感じてほしい」という思いが年々強くなっています。

    http://g-beer.jp/

    出展ブース番号:5

     

    参加ブルワー:岩田 秀樹