• SCBF2019 ビールリスト

    参加各社が2日間でご用意しているビールの一覧です。印刷をしたものは当日の受付でお配りいたしております。開催前に、実行委員各店舗でもお配りしております。最寄りの店舗へお越しください。

    印刷したものと同じデータのものを、以下のリンクより PDFファイルとしてご覧いただけます。

    ※データが重いため通信量の使用にご注意ください。

    各社とも、1度に提供できるビールは3種類までとなります。

    2日間のどのタイミングで飲めるかは各社次第です。
    参加各社の特徴を掴む目的でご活用ください。

    http://www.sapporo-craft-beer-forest.com/wp-content/uploads/2019/06/scbf2019_beerlist.pdf

    上記データ以降に追加・変更された情報は、こちらのページにまとめております。

  • 2019.07.02 Tue. 参加ブルワー案内

    SCBF2019ビールリスト 追加情報

    下記ページでご紹介している「SCBF2019ビールリスト」の追加・変更情報をこのページからお知らせします。

    プレミアムビール鬼伝説

    変更金鬼ペールエール5.5%バッチごとに、使用するホップを変えています。スッキリ爽やかなアメリカンペールエール。4つのVer.用意しています!
    変更【限定】金鬼SSSペールエール4.5%シングルホップのS・セッションエールのS・特別醸造  スペシャルのSでSSSになります。【アザッカVer.】と【シトラVer.】
    追加【限定】鬼は外IPA8.0%モザイクのシングルホップになります。
    昨年の仕様より元々のホップのキャラクターを出した、トロピカル・柑橘が心地よい感じとなっています!!
    追加【限定】福は内SIPL4.5%シトラ・チヌーク・モザイクの複雑な香りがふんわり柔らか!
    今回は、昨年より進化した香り豊かで苦みがシャープな仕様です。もちろんゴクゴク系です!!
    追加【限定】金鬼IPA7.5%20周年記念、シトラ・モザイク・ローラルのクライオホップもふんだんに使用し
    柑橘感・強い苦み甘みと苦みのバランスを見直し昨年のVer.よりボディー感が有り。
    追加【限定】登別醸造 銀鬼IPA8.0%某ドラマ仕様の、ギャラクシーとヴィックシークレットをメインに使用し、柑橘・フローラルで切れのある苦み。ドリンカブルな仕様となっております。
    追加【限定】鬼のパンツIPA7.5%アマリロをメインに、モザイク・シムコー・シトラを使った香りも良く、ドリンカビリティーの高いIPAだと思いますが飲み応えも結構あり。シトラはクライオホップも使用。
    追加【コラボ】鬼の咆哮 7.0%Watering Hole7周年コラボビール 鬼伝説史上最高量のホップを使用のヘイジーIPA!スーパージューシーなのにあくまでさらりとしたマウスフィール。

    南信州ビール

    追加ブルーベリーホップ6.5%ブルーベリーをそのまま絞り、爽やかな色・香り・味わいが楽しめるフルーツビール
    追加バレルエイジIPA-駒ヶ岳カスクver-9%IPAをバーボン樽で熟成。カスケードホップのクリーンなアロマ、カスク由来のバニラ香が特徴のハイアルコールビール

    京都醸造

    削除夜影の蜃気楼5.5%ホップ好きにも黒ビール好きでも楽しんでいただけるようなアメリカンスタイルのブラックIPA。
    追加異端者の逆襲11%Hereticとのコラボ!約1トンのモルトを使い、2種類の酵母をブレンドすることによって京都醸造史上最高のアルコール度数を誇るとても贅沢な味わいのレッドエール。
    追加夜の帳8%カカオやコーヒーのようなダークでロースティーな味わいが長い余韻を生み出す、ゆっくり時間をかけて味わうスタウト。
  • 《サッポロ・クラフトビア・フォレスト2019 参加ブルワリー決定!》

    サッポロ・クラフトビア・フォレスト2019参加ブルワリーの公開を始めました。

    2019年は、道外18社、道内6社+実行委員2社です。

    http://www.sapporo-craft-beer-forest.com/#brewery

    上記メニュー「参加ブルワリー」からもご覧いただけます。

    北海道内

    • 忽布古丹醸造 (上富良野)
    • プレミアムビール鬼伝説 (登別)
    • ニセコビール (ニセコ)
    • Hokkaido Brewing (小樽)
    • えぞ麦酒 (札幌) ※インポーター
    • ビアセラーサッポロ (札幌) ※インポーター

    北海道外

    <中国・関西>

    • 大山Gビール (鳥取)
    • 箕面ビール (大阪)
    • 京都醸造 (京都)

    <中部>

    • 伊勢角屋麦酒 (三重)
    • Y.マーケットブルーイング (愛知)

    <北陸甲信越>

    • 城端麦酒 (富山)
    • 志賀高原ビール (長野)
    • 南信州ビール (長野)
    • ヤッホーブルーイング (長野)
    • スワンレイクビール (新潟)
    • 富士桜高原 (山梨)

    <関東>

    • 秩父麦酒 (埼玉)
    • 湘南ビール (神奈川)
    • T.Y.ハーバーブルワリー (東京)
    • ハーヴェスト・ムーン (千葉)
    • うしとらビール (栃木)

    <東北>

    • あくらビール (秋田)
    • いわて蔵ビール (岩手)

    実行委員会

    • ノースアイランドビール (札幌)
    • 月と太陽ブルーイング (札幌)

    (順不同・敬称略 都合により変更となる場合がございます)

    ※ビールの種類は、各社同時に3タップずつです。ビールリストは会場でお配りいたしますが、どのビールがどのタイミングで繋がるかは各社にお任せとなります。

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    忽布古丹醸造<北海道>

    忽布古丹醸造

    ◆忽布古丹醸造<北海道>

    2018年創業。クラフトビアフォレスト実行委員を経て、満を持してのブルワリー初参加です。

    日本を代表するホップの名産地、上富良野町のブルワリー。「この土地にブルワリーがないから」というとてもシンプルな理由が創業動機。しかし、ホップのビールだけに偏らない多種多様なビールを追及しています。

    http://hopkotan.com/

    出展ブース番号:14

    参加ブルワー:堤野 貴之

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    秩父麦酒<埼玉県>

    秩父麦酒

    ◆秩父麦酒<埼玉県>

    埼玉県秩父市は、ウイスキー、日本酒、焼酎、ワインなど、数多くの酒造メーカーが存在する全国屈指の酒どころ。そこに秩父では初となるビールの醸造所として、2017年10月、秩父麦酒が加わりました。
    北海道出身の醸造長のブルワリーが、フォレスト初登場!

    https://www.facebook.com/BEARMEETBEER/

    出展ブース番号:10

    参加ブルワー:丹広大

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    志賀高原ビール<長野県>

    06shigakogen (2).jpg

    ◆志賀高原ビール<長野県>

    創業文化二年(1805年)。志賀高原の麓で清酒「縁喜」を200年以上醸造する玉村本店がビール醸造を始めたのが2004年。ホップや酒米などを自家栽培。「農」に直接関わりながら、「この地ならではの自分たちが飲みたいビール」を目指しています。ウィスキー樽やワイン樽熟成のビールへの挑戦など「遊び心」も持ち味です。 http://www.tamamura-honten.co.jp/

    出展ブース番号:2

    参加ブルワー:佐藤 栄吾

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    いわて蔵ビール<岩手県>

    03iwatekura_b.jpg

    ◆いわて蔵ビール<岩手県>

    岩手県南部、一関市にある世嬉の一酒造が造るビール。酒造りの技と、醸造士の経験と知識により生まれました。スタンダードに加え意欲的なスタイルを生み続けています。岩手の良さ・すばらしさをビールを通してお客様にお届けするというミッションのほかに、根底では、「世の人々が嬉しくなる一番の酒を目指す」という理念をもって醸造しています。

    https://sekinoichi.co.jp/

    出展ブース番号:16

    参加ブルワー: 後藤 孝紀

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    月と太陽ブルーイング<札幌市>

    09moonsun.jpg

    ◆月と太陽ブルーイング<札幌市>

    2014年10月に創成川のほとりにオープンしたブルーパブ。「北海道をクラフトビール王国へ」がコンセプト。10タップからなるクラフトビール達と北海道の素材を生かした料理が特徴の愉快なブルーパブです。少量生産ならではの特徴を生かし、毎回様々な味わいをワクワクしながら手作りで醸し出します。乾杯!

    http://moonsunbrewing.com/

    出展ブース番号:26

    ヘッドブルワー:森谷 祐至

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    南信州ビール<長野県>

    06minamishinshu.jpg

    ◆南信州ビール<長野県>

    長野県第1号地ビールメーカー。苦味に偏らないバランスのとれた優しい味わいと、華やかな香りのビールが特徴。安定した人気を誇るゴールデンエールの他、苦味とボディーとのバランスが絶妙なIPA、ビールが苦手な女性にも人気のアップルホップなど、オリジナリティーに飛んだビールが味わえます。

    http://ms-beer.co.jp/

    出展ブース番号:11

    ヘッドブルワー:伊藤 陽洸

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    Y.マーケットブルーイング<愛知県>

    07ymarket.png

    ◆ Y.マーケットブルーイング<愛知県>

    2014年1月名古屋初の都市型マイクロブルワリーとして、名古屋の玄関口「名駅」で醸造を開始。2019年2月には名古屋市西区に新工場をオープンしました。個性的で挑戦的、そしてもちろん旨い!  “とりあえずと言わせない” ビールを通して、名古屋の真ん中からビールの新たな“楽しさ”を発信します。

    https://craftbeer.nagoya/

    出展ブース番号:3

    ヘッドブルワー:加地 真人