SAPPORO CRAFT BEER FOREST 2019 2019年7月6日(土) 7日(日) さっぽろ ばんけいスキー場ロッヂにて開催

【Sapporo Craft Beer Forest 2019】開催決定!

日時:2019年7月6日(土) 7日(日)
会場:さっぽろ ばんけいスキー場

NEWS

ブログ一覧へ

実行委員会

  • NORTH ISLAND BEER
  • Cider&BeerKALAHANA
  • Beer + Malt Whisky Maltheads
  • 月と太陽
  • BEER HOI カタコト

チケットの販売

前売券

5月上旬から販売開始しております。(所定の枚数に達し次第、売り切れとなります)


今年も2券種、いずれも3,000円です!
札幌の皆さんは、ぜひSCBF実行委員会のお店でデザインチケットをゲットして下さいね!


① グラス付前売券(ビール券6枚分+グラス)【5/31(金)までの限定販売】
チケットイメージ

② 通常前売券(ビール券6枚分)
チケットイメージ

  • 前売券1枚につき、1名分の当日入場料(参加費)1000円が無料に!
  • 未成年者の飲酒は法律で禁じられております。チケットご購入の際には身分証明書の提示をお願いする場合があります。
  • 前売券は余裕をもって用意しておりますが、所定の枚数に達した場合、予告なく販売を終了することがございます。
  • 前売券の販売が所定の枚数に達した場合、前売券をお持ちではない方の入場を制限する可能性がございます。ぜひお早めに前売券をお買い求めください。

前売券取り扱い店舗<実行委員>

※各店チケットのみの購入もOKですが、ぜひ飲みながらイベントの話で盛り上がってください!

委託販売ご協力

   

販売店リストはこちらです(随時更新)

前売券取り扱いプレイガイド

     

ローソンチケット

※全国のローソン、ミニストップで購入できます。
Lコード:12227
または「SAPPORO CRAFT BEER FOREST」で検索してください。
※ネットからの購入の場合、別途会員登録が必要となります。
※写真のデザインチケットは、札幌の取り扱い店舗でご購入下さい。プレイガイドでは各社デザインのチケットの販売となります。

※チケットサービスでの販売は、札幌に来られない方のためのサービスです。
デザインされた券面が欲しい方、札幌市内の方は、実行委員各店舗でのご購入をお願いたします。
各店チケットのみの購入もOKですが、ぜひ飲みながらイベントの話で盛り上がってください!

当日のご参加について

  • 当日入場料(参加費)/¥1,000(税込)(※会場に入場するすべての方。20歳未満は無料)
  • ビールチケット1杯/¥500(税込)
  • 販売場所/会場内ビールチケット販売所

※2019年も昨年に引き続き、当日入場料をいただくことになりました。「フォレスト」の運営のためにどうしても必要です。ご理解とご協力をお願いいたします。
※前売券1枚には1名様分の入場料が含まれます。お得な前売券のご購入をお勧めいたします!
※お酒を飲まれる方へは、ビール用の容器とリストバンドをお渡しします。
リストバンド未装着の方、および指定の容器以外へのビールのご提供はいたしません。
※ビール容器は洗浄ブースをご用意しておりますので繰り返しご利用ください。
※前売券の販売が所定の枚数に達した場合、前売券をお持ちではない方の入場を制限する可能性がございます。ぜひお早めに前売券をお買い求めください。
       

当日入場料についてのご案内は、こちらのお知らせ記事も合わせてご参照ください。

BREWERY

         
  • hokkaido brewing 小樽市

    「小樽発、ここでしかできないものを。」をスローガンに、地元素材を自在に使った製品を造り上げるブルワリー。

    MORE
  • 秩父麦酒 埼玉県

    フォレスト初登場! 数多くの酒造メーカーが存在する全国屈指の酒どころ秩父市のブルワリー。

    MORE
  • 忽布古丹醸造 北海道上富良野町

    日本を代表するホップの名産地、上富良野町のブルワリー。フォレスト実行委員会を経て、満を持してのブルワリー初参加です。

    MORE
  • BEER CELLAR SAPPORO 札幌市

    札幌の姉妹都市ポートランドがある米国オレゴン州のビール&ハードサイダーを輸入販売するインポーター。

    MORE
  • 富士桜高原麦酒 山梨県

    本場ドイツの醸造学校で学んだ日本人ブルワーが、富士山から湧出する天然水を使用して造るドイツビール。

    MORE
  • 大山Gビール 鳥取県

    中国地方最高峰、鳥取県の国立公園大山(だいせん)は名水地として有名。自然の恵みを活かしたビールを醸造。

    MORE
  • 京都醸造 京都府

    ウエールズ人、カナダ人、アメリカ人が日本の古都に立ち上げた、常識や既存の枠にとらわれないブルワリー。

    MORE
  • ニセコビール ニセコ町

    一大リゾート・ニセコの美味しい水を十二分に活かし、大胆な原料を使うことも恐れないモダンなブルワリー。

    MORE
  • T.Y.ハーバーブルワリー 東京都

    西海岸サンフランシスコの技術を導入し、アメリカンスタイルのエールを醸造する天王洲アイルのブルワリー。

    MORE
  • ハーヴェスト・ムーン 千葉県

    物語とエンターテイメントにあふれる舞浜。「イクスピアリ」のビアレストラン内に工房を構えるブルワリー。

    MORE
  • 秋田あくらビール 秋田県

    ドイツ・ミュンヘンのバイエルンスタイルを礎にしつつ、スタイルにこだわらない様々なビールを意欲的に醸造。

    MORE
  • いわて蔵ビール 岩手県

    一関市にある世嬉の一酒造が、酒造りの技を活かして醸すビール。スタンダードに加え、意欲的なスタイルも。

    MORE
  • 志賀高原ビール 長野県

    200年以上の歴史がある志賀高原の酒蔵・玉村本店が醸す「この地ならではの自分たちが飲みたいビール」。

    MORE
  • ヤッホーブルーイング 長野県

    「よなよなエール」でおなじみ、軽井沢に本拠を置くブルワリー。定番をはじめ個性的なビール造りにも挑戦中。

    MORE
  • 南信州ビール 長野県

    長野県第1号の地ビールメーカー。苦味に偏らないバランスのとれた味わいと華やかな香りのビールが特徴。

    MORE
  • 月と太陽ブルーイング 札幌市

    創成川沿いに佇む、道産食材を活かした料理も人気のブルーパブ。少量生産ならではの様々な味わいを醸し出す。<SCBF実行委員>

    MORE
  • Y.マーケットブルーイング 愛知県

    名古屋初の都市型マイクロブルワリーとして醸造を開始。玄関口「名駅」からビールの新たな“楽しさ”を発信中。

    MORE
  • プレミアムビール鬼伝説 登別市

    登別温泉の麓にある、ホップやフルーツの香りを見事に開かせるビールを造るのが得意なブルワリー。

    MORE
  • 伊勢角屋麦酒 三重県

    天正3年(1575年)創業の老舗「角屋」が造る、伊勢志摩地方唯一の地ビール。多くの国際大会で受賞歴あり。

    MORE
  • うしとらブルワリー 栃木県

    下北沢の老舗ビアバーが栃木・下野市に立ち上げた醸造所。バラエティと面白みのあるビール造りに取り組む。

    MORE
  • 城端麦酒 富山県

    越中の小京都言われる南砺市城端。世界遺産合掌集落に向かう山の麓にあります。

    MORE
  • 湘南ビール 神奈川県

    湘南唯一の蔵元・熊沢酒造がドイツの伝統的製法を継承して醸造。「World Beer Cup」で5度の受賞歴を誇る。

    MORE
  • スワンレイクビール 新潟県

    白鳥の湖・瓢湖のそばに佇むブルワリー。越後名水をはじめとした素材にこだわり、アメリカでも金賞を受賞。

    MORE
  • えぞビール 札幌市

    フレッド・カフマン氏が率いるインポーター。アメリカのクラフトビールを日本に紹介したパイオニア的存在。

    MORE
  • 箕面ビール 大阪府

    大阪府北部、お猿さんがいる箕面(みのお)市で、「らしさ」を追求したビールづくりに取り組むブルワリー。

    MORE
  • ノースアイランドビール 江別市

    道内ではいち早く北米スタイルのビールを造り始めたブルワリー。定番6種のほか、限定ビールも積極的に醸造。<SCBF実行委員>

    MORE

参加ブルワリー2019

北海道内

           
  • 忽布古丹醸造(上富良野町)
  • プレミアムビール鬼伝説(登別)
  • ニセコビール(ニセコ)
  • えぞ麦酒(札幌)
  • ビアセラーサッポロ(札幌)
  • hokkaido brewing(小樽)
  • <実行委員会>
  • ノースアイランドビール(札幌)
  • 月と太陽ブルーイング(札幌)

北海道外

  • <中国・関西>
  • 大山Gビール(鳥取)
  • 箕面ビール(大阪)
  • 京都醸造(京都)
  • <中部>
  • 伊勢角屋麦酒(三重)
  • Y.マーケットブルーイング(愛知)
  • <北陸甲信越>
  • 城端麦酒(富山)
  • 志賀高原ビール(長野)
  • 南信州ビール(長野)
  • ヤッホーブルーイング(長野)
  • スワンレイクビール(新潟)
  • 富士桜高原(山梨)
  • <関東>
  •        
  • 秩父麦酒(埼玉)
  • 湘南ビール(神奈川)
  • T.Y.ハーバーブルワリー(東京)
  • ハーヴェスト・ムーン(千葉)
  • うしとらビール(栃木)
  • <東北>
  • あくらビール(秋田)
  • いわて蔵ビール(岩手)

(順不同・敬称略 都合により変更する場合がございます)

※ビールの種類は、各社同時に3タップずつです。ビールリストは会場でお配りいたしますが、どのビールがどのタイミングで繋がるかは各社にお任せとなります。

FOOD

メニュー・販売場所

(近日公開予定)

   昨年のフードについては、 blog内の記事をご参照ください。

クラフトビールとは

「クラフトビール (Craft Beer) 」とは、小規模なビール醸造所で造られるビールのことです。
ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品 (Craft) 」になぞらえて、クラフトビールと呼びます。

日本でのクラフトビールは「地ビール」とほぼ同じものを指します。
今までは、地ビールと呼ばれていたものが、 ビール職人が味や香りに精魂を込めて造る姿勢や、 その味わいが次第に評価されるようになり、
数年前から「クラフトビール」という呼び方が定着してきました。

現代のビールの主流は、冷たくして"のど越し"を楽しむタイプのものにあります。
しかし、それだけがビールなのではありません。

ビールには数千年の歴史があり、冷蔵技術や大量生産技術ができるはるか以前から、 地域・人種・文化ごとに多種多様な味わいのビールが造られてきました。

苦いもの、甘いもの、酸味のあるもの、 透き通った黄金色、茜色、褐色、漆黒とさまざまな色彩、 水のように軽いものから、フルボディで重たいものまで、
スパイスや果物などを自由に使ったものから、麦芽とホップだけで完成されたものまで…

クラフトビールは、そうしたビールが本来持っていた豊穣さを取り戻し、 多種多様な風味を「味わう」ビールなのです。

美味しいクラフトビールは、人を幸せな気持ちにしてくれます。
クラフトビールを飲んで、あなたとあなたの周りの人が幸せな気持ちになれたら幸いです。

クラフトビールは最高におすすめです!

そして、このフォレストだけではなく、いつも札幌でクラフトビールを楽しみたければ、ぜひわれわれのお店に足を運んでください!
わたしたちのお店

イベントについて

フォレストへようこそ
【Sapporo Craft Beer Forest】サッポロ・クラフト・ビア・フォレスト
大自然に囲まれた夏のスキー場で楽しむ"札幌発のクラフトビールイベント"2019も開催決定!

色、香り、味わい、喉ごしの組み合わせがいくつも存在するのが「ビール」本来の姿。
そしてそれは造り手によって個性が様々。
クラフトビールの魅力は、美味しいビールであるとともに、多様性がとてつもないことです。

そんなビールたちが札幌ばんけいの森~フォレスト~に大集合します。

ぜひ「フォレスト」にお越しください。 札幌の夏の澄んだ空気の中で「クラフトビール」を思う存分楽しみましょう!!