• 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    忽布古丹醸造<北海道>

    忽布古丹醸造

    ◆忽布古丹醸造<北海道>

    2018年創業。クラフトビアフォレスト実行委員を経て、満を持してのブルワリー初参加です。

    日本を代表するホップの名産地、上富良野町のブルワリー。「この土地にブルワリーがないから」というとてもシンプルな理由が創業動機。しかし、ホップのビールだけに偏らない多種多様なビールを追及しています。

    http://hopkotan.com/

    出展ブース番号:14

    参加ブルワー:堤野 貴之

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    秩父麦酒<埼玉県>

    秩父麦酒

    ◆秩父麦酒<埼玉県>

    埼玉県秩父市は、ウイスキー、日本酒、焼酎、ワインなど、数多くの酒造メーカーが存在する全国屈指の酒どころ。そこに秩父では初となるビールの醸造所として、2017年10月、秩父麦酒が加わりました。
    北海道出身の醸造長のブルワリーが、フォレスト初登場!

    https://www.facebook.com/BEARMEETBEER/

    出展ブース番号:10

    参加ブルワー:丹広大

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    ハーヴェスト・ムーン<千葉県>

    ハーヴェストムーン

    ◆ハーヴェスト・ムーン<千葉県>

    物語とエンターテイメントにあふれる街、千葉県舞浜。ファシリティ「イクスピアリ」4階のビアレストラン「ロティズハウス」の一角に工房を構えています。ビアテイスターの最高位資格<マスタージャッジ>の称号をもつビール職人達が、ゆっくりと時間をかけて造りあげています。

    http://www.ikspiari.co.jp/harvestmoon/

    出展ブース番号:18

    参加ブルワー:園田 智子

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    BEER CELLAR SAPPORO<札幌市>

    01beercellarsapporo_logo.jpg

    ◆BEER CELLAR SAPPORO<札幌市>

    アメリカ・オレゴン州からビールとハードサイダーを輸入販売しています。2015~6年は実行委員としても参加しておりました。札幌の姉妹都市、オレゴン州ポートランド市のクラフトビールはもちろん、オレゴン州のビールを提供します。さらに加えて、ビールと並ぶパブの名物となりつつあるハードサイダー(りんごの発泡酒)もピックアップ。

    http://beer-cellar-sapporo.com/

    出展ブース番号:25

    インポーター:青木 栄一

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    えぞビール<札幌市>

    01ezobeer.jpg

    ◆えぞビール<札幌市>

    インポーター(輸入者)枠。フレッド・カフマン氏が率いるえぞビールは、アメリカのクラフトビールを日本に紹介したパイオニアの一つ。「地ビール解禁」よりも以前の1992年から、世界中の先進的なビールを輸入し日本全国に販売しています。日本のクラフトビール界の生き字引であり、裏ボス的な存在です。

    http://www.ezo-beer.com/

    出展ブース番号:8

    参加インポーター:フレッド・カフマン

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    スワンレイクビール<新潟県>

    05swan.png

    ◆スワンレイクビール<新潟県>

    1997年、白鳥の湖・瓢湖(ひょうこ)に近い越後豪農・五十嵐邸宅にビール蔵を開設。スワンレイクビールは、良質な素材にこだわり、越後名水をはじめとした恵まれた自然環境の中で育まれ、最高の品質を追求しています。「一期一会」のコンセプトでのビール造りはアメリカでも金賞を受賞し、まさに「世界が認めた本物のビール」となっています。

    http://www.swanlake.co.jp/

    出展ブース番号:17

    参加ブルワー: 本田 龍二

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    大山Gビール<鳥取県>

    08daisenG.png

    ◆大山Gビール<鳥取県>

    中国地方最高峰、鳥取県の国立公園大山(だいせん)は昔から名水地として有名。その自然の恵みを活かしたビールは定番の4種類に加え、大麦・ホップ・米を原料作りから挑戦した季節限定の3種類、他限定が年間約10種類。原料から作ることで「ビールで季節を表現したい」「ビールで大山の香りを感じてほしい」という思いが年々強くなっています。

    http://g-beer.jp/

    出展ブース番号:22

    参加ブルワー:岩田 秀樹

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    秋田あくらビール<秋田県>

    03akura_b.jpg

    ◆秋田あくらビール<秋田県>

    秋田旧市街中央部の醸造所です。<人の手と酵母の大きさ>この言葉ふたつをキーワードにし、「身の丈の醸造」を心がけています。ドイツ・ミュンヘンのバイエルンスタイルを礎としますがそこだけに拘泥せず、スタイルにこだわらない様々なビールを意欲的に醸造しています。

    http://www.aqula.co.jp/wp

    出展ブース番号:24

    参加ブルワー:長谷川 信

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    うしとらブルワリー<栃木県>

    03ushitora.JPG

    ◆うしとらブルワリー<栃木県>

    東京・下北沢の老舗ビアバー「うしとら」が栃木・下野市に立ち上げた醸造所です。自由と快楽の追求をテーマに、日々真剣にふざけながら麦酒を醸しています。定番商品を置かず、毎回違う麦酒を造っていることが特徴です。アメリカンスタイルを中心としながらも、小規模である利点を活かしバラエティと面白みのあるビールを造りに取り組んでいます。

    http://ushitora.jp/

    出展ブース番号:21

    参加ブルワー: 吉田 伸右、寺崎 晶王

  • 2019.06.14 Fri. 参加ブルワー案内

    富士桜高原麦酒<山梨県>

    05fujizakura2 (1).png

    ◆富士桜高原麦酒<山梨県>

    本場ドイツの「デーメンス醸造学校」で醸造を学んだ、日本人の造るドイツビールです。富士山から十数年の歳月をかけて湧出する天然水を使用し、醸造士の高い技術と感性、そしてビールへの熱い想いが、香り高い独自の味わいを生み出しています。世界トップレベルの「World Beer Cup」での金賞など、国内外で高い評価を獲得しています。

    http://www.fujizakura-beer.jp/

    出展ブース番号:19

    参加ブルワー:宮下 天通